SJの勉強コンサル

自分の知識で相手の人生が救われることを目指しています

MENU

【比較】全国にある専門職学位の公共政策大学院の特徴まとめ

 公共政策大学院を志望している方はどれくらいいるでしょうか。おそらく、数はそんなに多くないと思います。しかし、政策大学院はネット上に情報が少ないため、院試対策で苦労している方がいると思われます。そこで、実際にその大学院に通う筆者が各校のサイトだけを頼りに、特徴を比較できるようなまとめ記事を作りました。

 筆者は学部上がりの大学院生ですので、社会人目線になっていないところはご留意してください。また、大学院のサイトを見ただけで判断している部分が多いため、主観が強いです。鵜呑みはしない方がいいでしょう。

※日本地図の北から南下していく順で紹介します。また、早稲田大学は現在では専門職ではなく修士課程の大学院となっています。

目次

北海道大学(HOPS)

HP

北海道大学公共政策大学院 – Hokkaido University Public Policy School

魅力:文理関係なく工学が学べ、その他の分野も広く開講

苦労しそうなところ:北海道から本州へ就活するコスト・手間が大きい、自由な履修ができるため主体性がないと中途半端になる

推薦書の有無:無

修了要件:42単位(卒論含む)

卒論の有無:6000~8000字(2単位)または2万字(8単位)が選択必修

その他:必修が少ない、コース分けをしても選択必修の要件が一緒、東北大のようなフィールドワークがある、短期留学もできる

こういう人におすすめ:勉強もして個人で好きなことにも打ち込みたい人、在学しながら将来やりたいことや卒論の内容を考えたい人、技術系の公務員に就きたい人

東北大学

www.youtube.com

HP

HOME|東北大学 公共政策大学院

魅力:フィールドワークで現場目線の研究力を磨く

苦労しそうなところ:1年間のフィールドワークに時間が取られる

推薦書の有無:無

修了要件:48単位(卒論含む)

卒論の有無:8単位が必修、字数は万単位

その他:必修が単位の半分近くを占める、留学する人が少ない

こういう人におすすめ:現地調査をチームワークでやりたい人、現場目線を大事にしている人

東京大学(GraSPP)

www.youtube.com

HP

東京大学公共政策大学院 | GraSPP

魅力:なんでも学べる無敵のオールマイティー

苦労しそうなところ:英語で話せることを求められる

推薦書の有無:有

修了要件:46単位

卒論の有無:2単位または6単位を選択してもしなくてもいい

その他:他の公共政策大学院の魅力を詰め込んだ感じ(技術系「北大」、地方行政「明治」、企業戦略「京大」*1、ダブルディグリー「一橋」:但し、フィールドワーク「東北」とコンサルティング「一橋」の授業は無い)、国際寄りの博士課程(早稲田にもあり)がある

こういう人におすすめ:将来はキャリア公務員または大手企業、海外など場所に取らわれずに活躍したい人、留学したい人

一橋大学(IPP)

www.youtube.com

HP

一橋大学国際・公共政策大学院-IPP

魅力:数学中心の経済学で政策研究するならここ

苦労しそうなところ:公共経済だけ必修が多く、政策提言もするため他プラグラムと束縛感に差ができて、不公平感がありそう*2

推薦書の有無:有(2020年度以降)

修了要件:44単位(研究論文は単位要件に含まれない)

卒論の有無:有(公共経済は卒論に近いものが必修、その他のプログラムは任意なのかすら不明)*3

その他:公共経済プログラムが一番忙しそう、個人で研究するという意味では早稲田と似てる

こういう人におすすめ:公共経済:個人でコンサルティングがやりたい人、グローバル:ダブルディグリー制度で留学したい人

早稲田大学(元専門職大学院)

www.youtube.com

※現在は専門職学位ではなく、修士を取得できる大学院となっています。

HP

グローバル公共政策コース – 早稲田大学 大学院政治学研究科

魅力:教員からの手厚い指導で論文執筆、研究者養成

苦労しそうなところ:研究をしつづける強いマインドが必要そう

推薦書の有無:無

修了要件:32単位+卒論

卒論の有無:4万字

その他:博士を志向しやすい、就職状況が詳しく公表されていない、グローバルという名前の割にはカリキュラムが普通

こういう人におすすめ:好きなことを研究で追及したい人、博士課程も考えている人

明治大学

www.youtube.com

HP

ガバナンス研究科 (公共政策大学院) | 明治大学

魅力:東京で地方創生を学ぶ

苦労しそうなところ:夜間授業が多い、土曜日も授業が入りやすそう

推薦書の有無:無

修了要件:40単位+卒論

卒論の有無:2万字

その他:給付奨学金が定員の約半数に支給、出願書類の準備が重くなさそう

こういう人におすすめ:地域について学びたい人、社会人学生、地方公務員志望

京都大学

www.youtube.com

HP

京都大学公共政策大学院

魅力:自由な履修制度で経済産業省の政策が学べる

苦労しそうなところ:自由な校風なため主体性が求められそう

推薦書の有無:無

修了要件:48単位

卒論の有無:2万字(任意)、6単位

その他:北大と同じくらい自由度が高い気がする(授業の難易度は考慮しない)

こういう人におすすめ経済産業省に行きたい人、好きな事だけを学びたい人

各大学院の比較表

  魅力 苦労 修了要件 卒論 その他 対象者
北海道 文理融合 就活のコスト 42 2か8単位 必修少ない 技術系
東北 現場主義 必修の負担量 48 8単位 必修が多い 協調性
東京 万能 英語力 46 任意 エリート 海外志向
一橋 経済学 必修の束縛感 44 不明確 経済忙しい ソロプレイヤー
早稲田 研究熱心 研究の継続力 32+卒論 4万字 博士課程 研究好き
明治 地域政策 夜間授業 40+卒論 2万字 給付奨学金 地方志向
京都 経産省の政策 主体性 48 任意 自由 経産省志望

表1 各大学院を要約した比較表

 その他と対象者は優先度が高いもの1つに絞っているため、筆者の偏見があることに注意してください。また、一橋は独特な公共経済プログラムに関することがほとんどなので、他プログラムを志望している方はご自身でサイトを調べてみてください。

 学部の新卒が受験できる入試で推薦書が不要で受験できる大学院は、北大、東北大、早稲田、明治、京大となっています。ゼミに所属していない独学の方はこちらから選ぶことになると思われます。

 大学院独自の留学制度があるのは、北大、東大、一橋で、ダブルディグリー制度があるのは東大、一橋です。他大学院で留学したかったら、全学部向けの留学制度を御利用ください。

図1 グループ分けの一例

 筆者視点によるグループ分けですので、着眼点によって変化すると思います。皆さんもやってみるといいでしょう。例えば、国際性、社会人向け、現場主義などでも分けられます。

まとめ

 ということで、各大学院の特徴が比較できるようにまとめることができました。しかし、一橋だけ分かることが少なくて、経済以外のプログラムの魅力を発見できなかったと思います。難しい。

 サイトだけでも独特な魅力が分かるので、受験生の皆さんはさらに入試説明会にも参加して、ネットだけでは分からない情報を仕入れてほしいです。

 ここまで読んでいただきありがとうございました。

*1:似ているだけで完全に同じではないため、その違いを志望動機にできたらいいかも

*2:偏見が強いので鵜呑みにしないでください

*3:字数はサイトには載っていませんでした。単位数も科目が複数に分かれており、分かりにくいため明記しないことにします