SJの勉強コンサル

自分の知識で相手の人生が救われることを目指しています

MENU

【滑り止め】Fじゃない、『E』ランク大学あるある

 Fラン大は猿の動物園をイメージする人がいますが、それは違うと思います。Eランク大学がそれに当てはまります。Fランはもっと無気力な人が多いと捉えています。筆者は学部時代に偏差値45のEランク私立大学に通っていたため、実際に目撃したあるある集をこの記事で紹介していきます。

目次

大講義室は動物園

 これはEラン大の代名詞です

 授業中もガヤガヤしていて、先生は無視するか怒鳴るかの2パターンあります。

遊ぶことには全力

 とにかく遊ぶことしか考えていません

 真面目に勉強してる人は2%とという都市伝説が筆者の大学にありました。「好きなことで、生きていく」が体現されているでしょう。

キョロ充多い

 1人になることが嫌な人が多いです

 ぎこちない人間関係が見て分かる。独りの人をニヤニヤ見たり、教室の後ろを覗いたりしていました。

自慢好き

 自分のことを話すことが好きです

 大したことがないのに、真面目アピール多かったです。自信過剰とも言えます。しかし、話し上手ではないです。同じ話を繰り返す傾向があるため、聞くだけでも疲れました。

教室でSwitchやってる

 平気と授業前、授業後の休み時間にやっていました。

 座席の前の方にもいました。当時見た時は大体スマブラでした。

建物がきれい過ぎ

 国立より綺麗な建物が多い印象でした

 学生数が多いから大学の資金はたくさんあるのでしょう。また、故障や損壊時に直すのが早いと感じました。居心地は良いです。唯一のメリットではないでしょうか。

授業中にインスタ、Twitter投稿

 先生にインスタやってる人がいたと報告したり、Twitterエゴサーチをしたら、履修してる授業の画像が出てきました

 インスタは後日、先生が注意していました。特定されたら、危ないのではないでしょうか。

課題や先生の悪口をネットに載せる

 先生にバレて単位落とした人がいました

 また、集中的に誹謗中傷された態度の悪い先生がいました。

まとめ

 いかがでしたでしょうか。よくYouTubeなどでFランあるあるとしてある事例だったと思います。しかし、こういうのはEランク大学の特徴だということをお伝えします。このような環境で4年間ガリ勉することは疲れました。

 ここまで読んでいただきありがとうございました。

動画にしました

www.youtube.com